ゆるんだ遠近法展
2017/01/14-02/05 at Gallery Coexist-Tokyo

02cap 03 01

[ To the farthest one ] (2017)
Installation (video 26’50”)

This installation originated out of Takanori Suzuki’s relocation to the countryside last year.
At his new home he could sense traces of the previous occupant.
This inspired him to ask people at the summer Bon dance he attended soon after about the kind of person his predecessor had been.
As Suzuki gradually learned, Saburo had been a lumberjack and an honest person trusted by others.
Suzuki then held a ceremony to mourn this lumberjack Saburo.( text by Keisuke Ozawa ( curator ) )

 
[ 最も遠くの人へ ] (2017)
インスタレーション (映像 26分50秒、写真、立体物)

昨年、鈴木自身が田舎へ引っ越したことで生まれた作品。移り住んだ家で、鈴木は、前の住人の痕跡を感じとった。
そこから、ほどなく訪れた夏の盆踊りで、前の住人がどのような人物だったのかを尋ね歩いた。
「三郎」というその人は、木こりであり、実直であり、他人から信頼されていた、ということが次第にわかってくる。
そして、木こりの三郎を弔う、儀式が幕を開ける。